緊張しない方法

緊張しない方法は

ありません。


そんな・・・身も蓋もない言い方って・・・

と思う方もいるかもしれませんが、

緊張しない方法なんてものはありません。

なぜなら、緊張するのは自然なことだから。


人間の体は、不安や恐怖を感じた時に「ノルアドレナリン」が多く分泌されます。
「ノルアドレナリン」の量が増えると、交感神経が活性化され筋肉が萎縮します。
また、心拍数が早くなったり、血圧が高くなる事につながります。
この状態が「緊張」する事になります。

では、「ノルアドレナリン」を分泌しないようにすればよいのではないか?
と思いますが、「ノルアドレナリン」は自律神経が分泌しています。
自律神経は、自分の意志とは無関係に動くものなので、
言わば勝手に分泌されてしまうものです。

このこともあり、緊張しないというのは「無理」ということを覚えておきましょう。


そして、大切なのは

緊張と上手く付き合う

という事です。


おそらく、緊張しない方法を探している方は、

緊張=失敗につながる

という負の面しか見ていないような気がします。


適度な緊張がもたらすドキドキ感は、
自分の能力を最大限引き出せる状況だということも忘れないで下さい。

スポーツの場面でも、適度な緊張感は体の動きを良くしますし、
好きな人と一緒にいるといううれしい緊張もありますよね。


ですから、「緊張しない」という見方ではなく、
「適度な緊張」までコントロールできるという視点で
情報を探すと良いと思います。

| この記事をYahoo!ブックマークに登録 この記事をはてなブックマークに追加 はてなブックマーク数 この記事をdeliciousにブックマーク この記事をクリップ! クリップ数

http://www.no-agari.com/top/
西村順式あがり症克服法
元アナウンサーの西村順氏による、1日3分のトレーニング講座。雑誌や書籍の執筆も手がけ、話し方講座の講師は27年務めている実力派が伝える、根本的解決に向けた2つの方法とは。