インデラル

インデラルは、デパスと共にあがり症に効果がある薬として紹介されることが多いです。

しかし、作用は別物。

デパスがリラックス効果がある薬なのに対し、
インデラルは心臓に働きかけ、血圧を抑える働きがある薬になります。

デパスが心に対しての薬で、
インデラルが体に対しての薬なんですね。


さて、インデラルは「β遮断薬(βブロッカー)」とも呼ばれています。
β遮断薬は、高血圧や狭心症、不整脈や心筋梗塞を予防する薬として使われています。

先に伝えましたが、心臓に働きかけ、血圧を抑えることで心臓のドキドキや、
動悸を抑えることが出来ます。

注意点としては、「心臓に働きかける」こともあり、
心臓に疾患がある方は使用を控えたほうが良いでしょう。
それらを含めて、使用前には一度医師に十分確認したほうが良いと思います。


| この記事をYahoo!ブックマークに登録 この記事をはてなブックマークに追加 はてなブックマーク数 この記事をdeliciousにブックマーク この記事をクリップ! クリップ数

http://www.no-agari.com/top/
西村順式あがり症克服法
元アナウンサーの西村順氏による、1日3分のトレーニング講座。雑誌や書籍の執筆も手がけ、話し方講座の講師は27年務めている実力派が伝える、根本的解決に向けた2つの方法とは。