あがり症とは

あがり症とは、シンプルに言うと
人前で緊張してしまうことを言います。

例えば、大人数の前でスピーチをする場合、
多くの方は緊張して上手に話せないと思います。

その適度な緊張は、あがり症とは言えません。
緊張してドキドキするという程度は、誰にでもありますから。

あがり症は、緊張が極度に高まり、冷や汗が出てしまったり、
赤面してしまい何もできなくなってしまったり、
泣きだしてしまったりといった症状が見られるのが
あがり症と呼ばれています。


あがり症だと、他の人に自分が思ったことを伝えられなかったり、
思うように行動できない事でコミュニケーションが苦手になり、
それが進むと、社会生活と離れたくなって引きこもりや
登校拒否、無断欠勤などにつながってしまうことがあります。

社会生活を健全に過ごすためには、人とのコミュニケーションは欠かせません。
そのため、流暢に話す必要はありませんが、
自分の思いを伝えられる程度にはなっておくべきだと思います。

| この記事をYahoo!ブックマークに登録 この記事をはてなブックマークに追加 はてなブックマーク数 この記事をdeliciousにブックマーク この記事をクリップ! クリップ数

http://www.no-agari.com/top/
西村順式あがり症克服法
元アナウンサーの西村順氏による、1日3分のトレーニング講座。雑誌や書籍の執筆も手がけ、話し方講座の講師は27年務めている実力派が伝える、根本的解決に向けた2つの方法とは。